1. TOP
  2. ワールド[ 放送・映画 ]

ワールド放送・映画

1988年10月、アニメ「それいけ!アンパンマン」の放送がスタートし、2015年に放送27周年を迎えました。
アンパンマンワールドでは、キャラクターも次々と生まれ、その数は今では2200を超えました。
みんなが応援をしてくれるからいつもアンパンマンは元気いっぱい!!
これからもアンパンマンや仲間たちの活躍を応援してね!!

放送のおしらせ

それいけ!アンパンマン

日本テレビ
毎週金曜日10:55~好評放送中

札幌テレビ放送 (STV)
(日) 午前6:30~
テレビ岩手 (TVI)
(日) 午前6:30~
青森放送 (RAB)
(日) 午前6:30~
ミヤギテレビ (MMT)
(金) 午前10:55~
秋田放送 (ABS)
(日) 午前6:30~
山形放送 (YBC)
(金) 午後4:20~
福島中央テレビ (FCT)
(日) 午前5:45~
テレビ新潟 (TeNY)
(金) 午前10:25~
テレビ信州 (TSB)
(日) 午前5:00~
山梨放送 (YBS)
(日) 午前10:55~
静岡第一テレビ (SDT)
(日) 午前6:30~
中京テレビ放送 (CTV)
(金) 午前11:00~
北日本放送 (KNB)
(日) 午前5:30~
テレビ金沢 (KTK)
(水) 午前11:00~
福井放送 (FBC)
(火) 午後3:55~
讀賣テレビ (YTV)
(月) 午前11:00~
日本海テレビ (NKT)
(日) 午前5:45~
広島テレビ (HTV)
(日) 午前5:30~
山口放送 (KRY)
(日) 午前6:30~
四国放送 (JRT)
(日) 午前6:30~
西日本放送 (RNC)
(土) 午前5:00~
南海放送 (RNB)
(火) 午前10:25~
高知放送 (RKC)
(水) 午前10:28~
福岡放送 (FBS)
(金) 午前11:00~
長崎国際テレビ (NIB)
(日) 午前5:30~
熊本県民テレビ (KKT)
(土) 午前5:30~
鹿児島讀賣テレビ (KYT)
(日) 午前6:30~
テレビ大分 (TOS)
(月) 午後3:22~
テレビ宮崎 (UMK)
(土) 午前5:30~
琉球放送 (RBC)
(土) 午前6:00~

※放送日時は変更される場合があります。
新聞等で確認なさるか、各放送局にお問い合わせ下さい。

BS日テレ
それいけ!アンパンマンくらぶ

毎週月曜日~金曜日 朝8:00~9:00

BS日テレ
おはよう!アンパンマン

毎週日曜日 6:00~7:00

CS日本
日テレプラス

毎週月~日曜日 7:00~8:00

「週末も それいけ!アンパンマン」
毎週土・日曜日7:00~

その他の放送

キッズステーション

映画

2015年公開
それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ
それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ

あらすじ

2015年に公開された、アンパンマン映画の27作目。不思議なランプの精霊ミージャと、クリームパンダとコキンちゃんが魔法のランプの世界を大冒険するお話だよ。

不思議なランプを見つけたクリームパンダとコキンちゃん。二人がランプに触れると、ランプの精霊ミージャが現れます。

ミージャが「ナンジャモンジャミージャ!」と呪文を唱え、魔法で二人をランプの世界に連れて行きます。そこには、とても不思議な世界が広がっていました。再び呪文を唱えるミージャでしたが、腕輪が壊れ、魔法が使えなくなっていたのです。クリームパンダとコキンちゃんは元の世界に帰れなくなってしまいました。ミージャ達は、腕輪を直すため、魔法の泉があるランプ山に向かいます。コキンちゃんの青い涙を浴びて泣いてしまうミージャに、クリームパンダは『アンパンマンたいそう』を歌って励まします。三人は、お菓子の谷や、コワイコワイの森を、力を合わせて進んでいきます。

一方、アンパンマン達は、クリームパンダ達を救うために、アリンコキッドの赤い銃で小さくしてもらい、ランプの中へと飛び込んでいきました。魔法の泉の話を聞いたばいきんまん達もこっそり後を追います。

ランプ山に向かっていた三人は、途中で海に投げ出されてしまいます。そこへ、駆け付けたアンパンマンに助けられました。ミージャは、一人で何でもできると思っていたけれど、魔法が使えないと皆を笑顔にすることができない、と自信を無くしてしまいます。クリームパンダは、アンパンマンがいつも「みんなが助けてくれるから僕は頑張れるんだ」と言っていると教え、励ましたのです。

ランプ山にやって来たアンパンマン達でしたが、ばいきんまんが現われ、魔法の泉に飛び込みます。ばいきんまんは、魔神バイキンマンになって、魔法の泉を岩で埋めてしまいます。ミージャは魔法で皆を助けるために、クリームパンダ、コキンちゃんと力を合わせて岩をどけていきます。その時、岩の隙間から虹色の小さな雫が現われ、魔法の力が戻ったのです!ミージャ達は力を合わせてアンパンマンを助けます。アンパンマンは、龍の姿に変身した魔神バイキンマンをアンパンチで倒しました。
ミージャは、力を合わせれば、みんなを笑顔にできると知ったのでした。

映画オリジナルキャラクター

ミージャ

ミージャ

クリームパンダちゃんと コキンちゃんが ひろった ふしぎな ランプから あらわれた、せいれいの おんなのこ。3にんで はいった ランプの なかの せかいで、まほうの うでわが こわれてしまい、もとの せかいに もどれなくなってしまったんだ。うでわを なおすために とおい まほうの いずみを めざすことに・・・。くわしくは、えいが『それいけ!アンパンマン ミージャと まほうの ランプ』での かつやくを みてね!

2014年公開
それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い
それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い

あらすじ

2014年に公開された、アンパンマン映画の26作目。アップルランドからやって来た、かっこいいヒーローに憧れているりんごぼうやの話だよ。

りんごぼうや達がリンゴを育てながら住んでいる、アップルランド。ある日、アップルランドのリンゴが、全て毒リンゴにされてしまいます。りんごぼうやは、大切なふるさとを元通りにするために、どんな所でも育ち、世界一大きなリンゴの実をつける”魔法の種”を探しに出かけるのです。

りんごぼうやと出会い、話を聞いたアンパンマン達は、一緒に魔法の種を探します。しかし中々見つかりません。「もうこんなカッコ悪い事したくない」と諦めているりんごぼうやを、アンパンマンは優しく励まします。泥だらけになっても、顔が欠けても、みんなを助けるアンパンマン。りんごぼうやは、「どうしてそんなに優しいの?」と尋ねます。アンパンマンは「誰かを助けると胸がポカポカして、あたたかくなるんだ。」と答えたのです。

次の日、アンパンマン達と一緒にりんご村へ出かけます。りんごちゃんのリンゴ作りを手伝い「ありがとう」と言われると、りんごぼうやは、心の中がポカポカするのでした。
そこへ、世界中のリンゴを毒リンゴにして、真っ暗闇にしてしまおうと企むマジョーラが現われて、りんご村のリンゴを次々と毒リンゴにしていきます。アンパンマンは、マジョーラに毒リンゴの姿にされてしまいますが、決して諦めず、みんなの為に頑張ります。そんなアンパンマンの姿を見て、りんごぼうやは気付くのです。かっこ悪くても、泥だらけになっても、誰かを助ける為に頑張るのが、本当のヒーローであることを。その時、りんごぼうやとりんごちゃんが大切に育てたリンゴがとても眩しい光を放ちます。光は、マジョーラの動きを封じ、アンパンマンの新しい顔を焼きあげました。アンパンマンは、りんごぼうやから貰った光のパワーでマジョーラを倒します。

りんごぼうやは、ふるさとのアップルランドを元通りにする約束をして帰って行きました。
アップルランドに遊びにやって来たアンパンマン達は、美味しそうなリンゴがたくさんなっているのを目にします。りんごぼうや達の楽しいリンゴダンスが始まります。

映画オリジナルキャラクター

りんごぼうや

りんごぼうや

そらに うかぶ うつくしい しま アップルランドに すんでいる、かっこいい ヒーローに あこがれる おとこのこ。あるひ、なにものかによって、りんごが すべて どくりんごに されてしまった アップルランドを すくうため、どんな ところでも そだつと いわれる、せかいいち おおきな りんごの みを つける まほうの たねを さがすことに…。 くわしくは、えいが 『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの ねがい』での かつやくを みてね!             

2013年公開
それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ
それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ

あらすじ

2013年に公開された、25周年を記念して作られたアンパンマンの映画。雲の上に住んでいる小さな象の男の子、パオの話だよ。

鼻から大きなハンカチを出して、いつも空をキレイにしている大きな象のザジズゼゾウ。小さなパオも頑張ってハンカチを出そうとしますが、どれだけ頑張っても小さな小さなハンカチしか出せません。「ハンカチなんか大っ嫌いだ!」パオは、ザジおじさんの元を飛び出してしまいます。

アンパンマンと出会ったパオは、パン工場でジャムおじさんのパン作りのお手伝いや、しょくぱんまん達とパンの配達をしたりしますが、中々うまくいかず、失敗ばかり…。
大根役者率いるキラキラ希望サーカス団を見て、サーカスをやってみたいといいますが、みんなから期待されたハンカチが小さいものしか出せず、大根役者に「一生懸命練習しなさい」と言われてパオは落ち込んでしまいます。
「ダメなんだ!どれだけ練習しても小さなハンカチしか出せないんだ」と泣きながら話すパオに、「きっとできるよ、自分を信じて」とアンパンマンは励まします。

一方、ばいきんまんが作ったメカ・ヨゴスゾウが暴れだし、街が汚されていきます。アンパンマン達が立ち向かいますが、トリプルパンチも効きません。もうダメだ……と諦めるパオに、メロンパンナは「あきらめちゃダメ!」と声をかけます。顔を汚されても立ち向かっていくアンパンマンの姿を見て、パオは気付きます。あきらめてはいけないことを。希望を捨ててはいけないことを。その瞬間、パオの鼻からたくさんのハンカチが飛び出しました。そのハンカチで、みんなが汚れを拭いて、街をキレイにしていきます。破れてしまったアンパンマンのマントも、パオの出したハンカチのおかげで元通り!ついにヨゴスゾウを倒しました。

パオは「アンパンマン!ぼく、できたよ!」と喜びます。華やかなサーカスが始まりました。みんな、手にハンカチを持って楽しく歩いています。

映画オリジナルキャラクター

パオ

パオ

はなからだすハンカチで、そらをきれいにするザジおじさんをてつだうちいさなぞうのおとこのこ。
だけど、じょうずにハンカチをだせずににげだしてしまうんだ。おちこんだパオのところにアンパンマンがやってきて・・・。

同時上映

  • みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ

みんなでてあそび
アンパンマンといたずらオバケ

イタズラが大好きなオバケトリオ、どろろん、でろろん、ずろろん。
町のみんなをオバケにして、困らせていました。
学校のみんなの歌や踊りを聞いていたら「歌ったり踊ったりするのは、イタズラするよりも楽しいね!」と、思わず一緒に踊りだしてしまいます。

映画オリジナルキャラクター

いたずらおばけトリオ

いたずらおばけトリオ

いたずらがだいすきなおばけたち。
まちのひとをオバケのすがたにかえてこまらせるつもりが、アンパンマンたちのうたとダンスにおもわずつられてしまいます。

2012年公開
それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島
それいけ!アンパンマン よみがえれ バナナ島

あらすじ

2012年に公開された、24作目のアンパンマン映画のお話だよ。

おいしいバナナがいつもあふれている南の国、バナナ島。ちょっとワガママだけど、元気いっぱいな女王・バンナと、スッテンやコロリンなどたくさんのバナナマンたちが住んでいます。島の一大イベント〝バナナまつり〟に招待されたアンパンマンたちが訪れると、島は雲に覆われ、寒さのためにバナナが全部枯れてしまっていました。
変わり果てたバナナ島をすくおうと、アンパンマンたちはバナナ山に向かいますが、意地っ張りなバンナは、アンパンマンに助けてもらうことが面白くありません。

その頃、島中のバナナいただき!と、巨大ロボ・だだんだんで海を渡り、バナナ島に上陸したばいきんまんたちは、しおれたバナナばかりで怒り、帰ろうとします。ところが、それを見たバンナは「バナナ山には伝説のジャイアントバナナがある」とばいきんまんに嘘をつき、だだんだんに乗り込んでアンパンマン号より先回りしようとします。
自分勝手な性格がそっくりの二人はすぐケンカに。バナナをけなされたバンナは、おいしいバナナをとってきてやる!と飛び出しますが、見つかりません。ジャングルを駆け回り、崖から落ちたバンナを助けたのはアンパンマンでした。

「これを食べて元気になって」と顔を差し出すアンパンマン。なぜ人助けをするのか分からないバンナは、それを奪うようにして駆け去ります。
トボトボと戻ってきたバンナの背を、ばいきんまんが「元気だせ!」と叩きます。

バナナ山に着いた一同は、洞窟のひび割れから冷たい吹雪が吹き出しているのを発見。そこから、こおりおにが出現したのです!
顔の欠けたアンパンマンは、力が出なくても必死に戦います。その姿を見たバンナは、アンパンマンがくれたアンパンを食べて元気を取り戻し、バナナマンたちと共にバナナロケットで立ち向かい、ついにこおりおにを倒しました。

そして始まったバナナまつりの夜。だだんだんの足元から、芽が現れてぐんぐん伸び、伝説のジャイアントバナナが本当に生えたのです。

映画オリジナルキャラクター

バンナ

バンナ

南の海にあるバナナ島の女王。ちょっと意地っ張りだけど、元気いーっぱいの女の子。バナナとバナナ島が本当に大好き。

同時上映

  • リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル

リズムでてあそび
アンパンマンとふしぎなパラソル

ショーに出るために、一生懸命ダンスの練習をする双子のカバの女の子シドロ&モドロ。なかなかうまく踊れずに自信をなくしていました。しかし、アンパンマンに‘元気’をもらい、パラソルランドのダンサー・パラソルパラコさんに「歌とダンスで一番大切なことは楽しむこと」と教わって・・・

映画オリジナルキャラクター

シドロ&モドロ

シドロ&モドロ

ふたごのカバの女の子たち。うたとダンスをいっしょうけんめいれんしゅうするがんばりやさん。

パラソルパラコさん

パラソルパラコさん

パラソルランドのダンサー。うたとダンスがとってもじょうず。

2011年公開
それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星
それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンと奇跡の星

あらすじ

2011年7月2日に公開された、アンパンマン映画の23作目。
遠い宇宙からやってきた、ココリンの大活躍のお話だよ。

「キットコノ星ニイル」…。謎の宇宙船が、クリームパンダを連れ去ってしまいます。
宇宙船にいたのは小さな男の子、ココリンでした。クリームパンダを宇宙一のヒーローと勘違いし、エネルギー不足でピンチのヘンテ星を助けてと言います。「無理だよ!」と慌てるクリームパンダ。ヘンテ星の大人達に怒られ、慌てて宇宙船で逃げ出した二人は、アンパンマンワールドへ…。

お腹がすいたココリンは、顔をちぎって差し出すアンパンマンにびっくり。ヘンテ星では、一つでお腹一杯になるカプセルだけが、唯一の食べ物だったのです。
初めて知る美味しいパンの味と、メカでなく手で作ることに驚いたココリンは、パンを作れればヒーローになれると考え、ジャムおじさんに教わります。しかしパン作りは大変で、うまくいきません。「大切なのは、まごころを込めること」と言われても分からず、「まごころぱーんち!」とふざけるココリン。怒ったクリームパンダとケンカになって、パン工場を飛び出してしまいます。

そんなココリンを騙し、ヘンテ星に向かうばいきんまん。ヘンテ星の進んだ科学でアンパンマンを倒そうと企んだのです。ヘンテエネルギーを吸い取って闇エキスを混ぜたビームをココリンに射ち、巨大な怪物ブラックココリンにしてしまいました。
ブラックココリンは毒ガスでジャムおじさん達を小さなUFOに変えてしまいます。もう誰の声も届きません。アンパンマンは、ココリンの口の中へ飛び込みます!お腹の中から闇エキスが蒸発していき、元に戻ったココリン。でも、アンパンマンは頭のない姿になってしまいました。
「僕が作る!」ココリンは、ジャムおじさんの指示を受けながら、一生懸命まごころを込めてアンパンマンの顔を作ります。完成した新しい顔でアンパンマンは蘇り、「アンパーンチ!」ばいきんまんは彼方へ消えていきました。
そしてエネルギーを失ったヘンテ星の人々は、アンパンマンワールドで、食べ物を自分の手で作ることを学び始めたのです。

映画オリジナルキャラクター

ココリン

ココリン

うちゅうのヘンテせいからやってきた、やんちゃなおとこのこ。
ヘンテせいのききをすくうため、ジャムおじさんにパンづくりをならいますが、まごころをこめてつくるといういみがわかりません。

同時上映

  • うたって てあそび! アンパンマンともりのたから

うたって てあそび!
アンパンマンともりのたから

キンタンは、森でたくさんの動物たちと暮らしている、元気な女の子。キンタローおじいちゃんから預かったという『もりのたから』を、ジャムおじさんに届けにいくんだ。
でも、ばいきんまんとドキンちゃんが大事な宝箱を横取りしようとして、大騒ぎに!

映画オリジナルキャラクター

キンタン

キンタン

もりにすんでいて、どうぶつたちとおはなしができる、ちからもちのおんなのこ。
キンタローおじいちゃんから、ジャムおじさんにわたすもりのたからをあずかっているが・・・。

2010年公開
それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌
それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌

あらすじ

2010年7月10日に公開された、22作目のアンパンマン映画だよ。
小さなヒナ鳥の化身・カーナちゃんと、闇の女王ブラックノーズのお話なんだ。

嵐に飛ばされた一羽のヒナ鳥。それを受け止めたのは、谷底の氷に足を固められている闇の女王ブラックノーズでした。ヒナ鳥は、ブラックノーズの魔法で人間の女の子・カーナとなって成長します。
ある時、カーナはブラックノーズに「外の世界の連中に、歌やダンスやおいしい食べ物を楽しむ事は間違った幸せだと教えるのだ」と『暗闇の笛』を渡され、「はい、お母様」と飛び立ちました。

アンパンマン達と出会ったカーナは、おいしいパンにも手をつけず、母の教えを守ります。
そして夜、カーナが暗闇の笛を吹くと、暗い旋律と共に不気味な音符が現れて人々の頭に入り込み、元気を奪っていきます。その度にブラックノーズの足元の氷にひびが入るのです。自由の身になって、世界中を真っ暗闇にするのが目的だったのです。
その様子をのぞき見ていたばいきんまんは、「世界を横取りしてやる!」と悪巧みを…。

しかしカーナに迷いが起こっていました。歌やパンを楽しむ人々の笑顔が、笛によって暗く沈んでしまうのが辛いのです。そして沢山の人に顔を与え、穴だらけになったアンパンマンの顔を食べた時、初めて気づきます。「誰かの笑顔のために、出来る事をするのが、自分の幸せなんだ」と。
ところが、ばいきんまんの企みで、笛の音符が新型だだんだんによって世界中にばら撒かれ、ついにブラックノーズが地上に出現してしまいます。後悔の涙を流すカーナ。でもアンパンマンは諦めずに立ち向かいます。自分に出来ることは何?…カーナは歌いはじめます。皆も元気を取り戻そうとするかのように、カーナと声を合わせ、大合唱が響き渡ります。
歌の力で弱ったブラックノーズ。アンパンマンの「光のアンパンチ」で、黒い靄となって消えていったのでした。

映画オリジナルキャラクター

カーナ

カーナ

ブラックノーズをたすけるために、せなかのはねでそらをとび、いろんなところで、くらやみのふえをふきつづけているよ。
くらやみのふえからでるおんぷには、ひとびとから、しあわせなきもちをうばいとるちからがあるんだよ。

同時上映

  • はしれ! わくわくアンパンマングランプリ

はしれ! わくわくアンパンマングランプリ

フラワーランドからやってきた、可愛いたねまきマギーちゃん。
クリームパンダと一緒に、フラワー号で「アンパンマングランプリレース」に出場することになったんだ。
ところがばいきんまんが仕掛けた罠で、レースは大混乱!!

映画オリジナルキャラクター

マギー

マギー

フラワーランドにすんでいて、きれいなはなをさかせるために、たねをまくしゅぎょうをしているはなのようせいだよ。
がんばりやさんで、まけずぎらいなおんなのこだけど、まだ、じょうずにはなをさかせることができないでいるよ。

2009年公開
それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星
それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星

あらすじ

2009年7月4日に公開された、アンパンマン映画の21作目だよ!
双子の星の妖精、キララちゃんとキラリちゃんのお話なんだ。

夜空に浮かぶ星々は、キラリとキララ、双子の星の妖精が持つ杖によって美しく輝いています。
キララが杖を振ると流れ星が飛び、キラリが杖を振ると優しく星が瞬くのです。
ところがある時ケンカになった二人は、杖がぶつかりあった衝撃で飛ばされ、離れ離れにアンパンマンワールドに落下してしまいました。

アンパンマンに助けられたキララは、必死にキラリを探しますが、見つかりません。
キラリは、ドクター・ヒヤリが作った「心を持つメカ・ジャイアントだだんだん」のハートに入り込み、黒い杖を持った女の子・ギラリになってしまっていたのです。
「行け、ギラリ!ジャイアントだだんだんでアンパンマンをやっつけろ!」ばいきんまんの命令通りに動くギラリ。キララの「やめて!」という声も届きません。

しかし、もっと大変な事が起こっていました。
キララとキラリが星を輝かせなくなった事で、恐ろしいデビルスターが出現し、アンパンマンワールドに近づいていたのです。
デビルスターの放つ怪光線は、全てを真っ黒な塊にしてしまいます。早く二人の杖の力を合わせて、追い返さなくては!
アンパンマンが身を挺して守ってくれたおかげで、元の姿に戻ったキラリ。キララと頷き合い、デビルスターに向かっていきます。その時、心を失ったはずのジャイアントだだんだんが、二人を守るように飛び立ち、デビルスターに体当たり!
空から舞い降りる光を浴びて輝き出したアンパンマンが、「スターライト・アンパンチ」でデビルスターを砕いたのでした。

映画オリジナルキャラクター

キララ・キラリ

キララ・キラリ

ながれぼしとおほしさまをなかよくかがやかせることがふたりのしごとだよ。
なかよくかがやいていないと、すべてのせかいをほろぼすデビルスターがあらわれるといわれているよ。

同時上映

  • ばいきんまん vs バイキンマン!?

ばいきんまん vs バイキンマン!?

ベレちゃんの描いた絵は、本物になっちゃうんだ!
ばいきんまんは、ベレちゃんに「オレ様がアンパンマンをぎったんばったんにしている絵を描け!」と命令。ところが、スケッチブックから出てきた絵のばいきんまんは、バイキン城を乗っ取ってしまって…!?

映画オリジナルキャラクター

ベレちゃん

ベレちゃん

おえかきがじょうずなかわいいおんなのこだよ。すてきなえをたくさんかいて、みんなをたのしませてくれるよ。
ベレちゃんのかいたえは、スケッチブックからとびだして、ほんもののようにうごきだすんだよ。

2008年公開
それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ
それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ

あらすじ

2008年7月12日に公開される映画だよ。アンパンマンの映画20作目!
この映画は、勇気の花を守る妖精リンリンちゃんのお話だよ。

映画「それいけ!アンパンマン」シリーズがついに20作目をむかえました。記念すべき20作目のテーマは「勇気ってなんだろう?」。勇気の花の妖精リンリンとアンパンマンが、壮大な冒険をくりひろげます。アンパンマンの強さのひみつは、顔を焼くときに入れる勇気の花のジュース。それを知ったばいきんまんは、たったひとりで勇気の花を守っている妖精リンリンをだまし、リンリンが街に行っているあいだに勇気の花の台地をめちゃめちゃにしてしまいます。リンリンはアンパンマンといっしょに、砂男がいる砂漠の奥地やおそろしい氷の女王がまちうける氷の城に勇気の花をさがしに出かけますが、花を手に入れることはできません。最後ののぞみをたくして死神山にむかうアンパンマンたち。しかし、そこには最強メカ・ズダダンダンに乗ったばいきんまんがいて、岩かげに一輪だけのこっていた勇気の花をこなごなにしてしまいました。がんばれ、負けるなアンパンマン!みんなの勇気を取り戻せ!
アンパンマンとともに冒険の旅に出る妖精リンリンの声を演じるのは土屋アンナ。ダンスが得意で負けずぎらいな花の妖精をいきいきと演じます。そして、同時上映「ヒヤ・ヒヤ・ヒヤリコとばぶ・ばぶ・ばいきんまん」の声のゲストは、柳原可奈子。あかちゃんに変身したばいきんまんのかわいらしさにもご期待ください!

映画オリジナルキャラクター

リンリン

リンリン

ゆうきのはなをまもっている、ようせい。
あめのひもかぜのひも、いつもたったひとり、とくいのダンスをおどってゆうきのはなをまもっているんだよ。

同時上映

  • ヒヤヒヤヒヤリコとばぶ・ばぶばいきんまん

ヒヤヒヤヒヤリコとばぶ・ばぶばいきんまん

ドクター・ヒヤリの弟子、ヒヤリコがつくった「強くなるクスリ」を飲んで、とつぜんあかちゃんになってしまったばいきんまん。
やがてアンパンマン・ワールドのみんなもあかちゃんに!?

映画オリジナルキャラクター

ヒヤリコ

ヒヤリコ

ヒヤリコは、ドクター・ヒヤリのじょしゅをつとめるおんなのこだよ。
ヒヤリじょうで、ドクター・ヒヤリのおてつだいやおるすばんをしたり、いろいろなおくすりのけんきゅうをしているよ。

2007年公開
それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン
それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン

あらすじ

2007年7月14日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画19作目なんだ。
この映画は、シャボン玉ガールズのプルンちゃんが大活躍するお話だよ。

街の広場でシャボン玉姫とシャボン玉ガールズの「シャボン玉ショー」が始まりました。きれいなシャボン玉にみんな大喜び。ちょうどその頃、アンパンマンはパトロール中に一人で笛の練習をしているシャボン玉ガールズの一人、プルンに出会いました。プルンはどんなに練習しても小さなシャボン玉しか出ないため、自信をなくしているのです。シャボン玉姫はそんなプルンをとても心配していました。
シャボン玉が気に入ったドキンちゃんは、シャボン玉姫の笛を欲しがります。ばいきんまんは仕方なくシャボン玉城に向かいました。
クリームパンダは公園に忘れていたプルンの笛を見つけ、シャボン玉城に届けることにしました。その頃プルンはばいきんまんたちにだまされて、遠くに飛ばされてしまいます。ばいきんまんはシャボン玉城のみんなの笛を取り上げてしまいました。
クリームパンダとプルンは空中で激突!プルンはクリームパンダに笛を返してもらいました。クリームパンダのマントが破けたので、二人は歩いてシャボン玉城に向かいます。ところがクリームパンダはどこへ行っても失敗ばかり。「いくらがんばってもダメなのよ!」というプルンに、クリームパンダは「失敗しても、がんばるのをやめないやいっ!」と答えます。二人を見つけたアンパンマンは「キラキラ光って小さなシャボン玉も素敵だよ!」とプルンに言いました。
シャボン玉城は、ばいきんまんが作った気味の悪いシャボン玉によって、すっかり汚されていました。アンパンマンたちも気味の悪いシャボン玉に姿を変えられてしまいます。おりの中に閉じ込められてしまったシャボン玉姫は、シャボン玉は汚れたものをきれに変える力があるのでシャボン玉を吹くようにプルンに言います。しかし、自信のないプルンはうつむいてしまいます。
しかし、必死で自分を守ってくれるアンパンマンやクリームパンダのあきらめない姿を見て、プルンは決意します。「きっと・・・うまくいく!!」プルンの笛からは小さいけれどたくさんのシャボン玉が出て、次々と気味の悪いシャボン玉を消していきます。小さなシャボン玉は小さな隙間にも入り込み、どんどんきれいにしていきました。新しい顔になったアンパンマンは、アンパンチでばいきんまんをやっつけます。今までで一番素敵な笑顔を見せるプルンなのでした。

映画オリジナルキャラクター

プルン

プルン

しゃぼんだまじょうにすんでいる、シャボンだまガールズのひとりだよ。
しゃぼんだまひめたちといっしょに、しゃぼんだまショーでみんなをたのしませてくれるんだ。
おおきなしゃぼんだまがつくれないことを、なやんでいるよ。

2006年公開
それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ
それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ

あらすじ

2006年7月15日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画18作目なんだ。
この映画は、いのちの星から命をもらった人形のドーリィちゃんのお話だよ。

ある日パトロールをしていたアンパンマンは、海に漂う木箱の中から汚れた人形を助け出します。その夜、いのちの星が人形の胸の中に飛び込み、人形が目を開けます。きれいなドレスを着た女の子は、ドーリィといいました。
命をもらったドーリィは大喜び。「自分の好きなことだけして、自分のことだけ考えて、毎日楽しく生きればいいのよ!」好き勝手な振る舞いはみんなを困らせてしまいます。ドーリィと同じようにいのちの星から命をもらったアンパンマンが、困っている人のために働いていることが信じられません。やがてドーリィは、自分のいのちの星のほのおが小さくなっていることに気付き、不安になっていきました。
ばいきんまんは新型ロボット・スーパーカビダンダンを完成させ、街に現れました。アンパンマンと仲間たちは必死に戦いますが、カビツリーやかびるんるんに姿を変えられてしまいます。ドーリィを守るアンパンマンはカビだらけになり、ついにはいのちの星が体から消えてしまいました。顔を変えてもアンパンマンは動きません。
ドーリィはアンパンマンの勇気と優しさに触れ、初めて困った人を助ける気持ちがわかりました。立ち上がったドーリィの胸のほのおが大きく輝きます。ドーリィは自分のいのちの星を取り出し、アンパンマンに差し出しました。アンパンマンの体にいのちの星が流れ込みます。アンパンチでスーパーカビダンダンを倒すと、みんなは元の姿に戻ることができました。でもいのちの星を失ってしまったドーリィだけは、元の人形の姿のままです。アンパンマンはドーリィをそっと抱き上げました。

その時、空の彼方から不思議な光が舞い降り、ドーリィが再び目を開けたのです!アンパンマンも街のみんなも大喜び。いのちの星は、勇気と優しさに気付いたドーリィに、素敵な奇跡を与えてくれたのでした。

映画オリジナルキャラクター

ドーリィ

ドーリィ

いのちのほしのちからで、いのちをもらった、おにんぎょうだよ。
ちょっとわがままで、みんなをこまらせてしまうよ。

2005年公開
それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険
それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険

あらすじ

2005年7月16日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画17作目なんだ。
この映画は、強くなりたいと思っているドデカツリーに住むハピーが、アンパンマンに弟子入りしたくてアンパンマンワールドにやってくるお話だよ。

体の小さなハピーは、とっても強いアンパンマンに憧れています。ある日ハピーは葉っぱサーフィンに乗って、家を飛び出しました。
ハピーはアンパンマンと出会い、「ボクをアンパンマンの弟子にして!」とお願いします。とりあえず、ハピーにアンパンマンお仕事を手伝ってもらうことにしました。でもアンパンマンの仕事は、困っている人を助けたり、おなかがすいた人に自分の顔をあげたりと地味なことばかり。「かっこ悪すぎるよ!」というハピーに、アンパンマンは「ボクはそんなに強くないよ。みんなが応援してくれるからがんばれるんだ。」と答えました。

一方その頃ばいきんまんは、ドクター・ヒヤリから届いたグリンガを大きく育て、アンパンマンをやっつけようと考えていました。ある時偶然ハピーの葉っぱサーフィンを食べたグリンガが、急に大きくなります。それを見たばいきんまんはハピーをだまし、ドデカツリーへと案内させました。グリンガはドデカツリーの葉っぱを食べてどんどん大きくなり、ドデカツリーはめちゃめちゃにされ、みんなは次々とイモ虫の姿へ変えられてしまいました。ハピーを心配して探しに来たアンパンマンは、だまされた事にショックを受けるハピーをなぐさめます。

アンパンマンの本当の強さに気付いたハピーは、破れたアンパンマンのマントの代わりとなり、アンパンマンと一緒に巨大なモンスターに変身したグリンガの中へと飛び込みます。二人でバイキン草をアンパンチ!グリンガはフェアリーグリンガとなり、みんな元に戻りました。 大切なことに気付いたハピー。アンパンマンとしっかりとあくしゅをして、見送ります。友達のハピタロウから「強くなったな。」と言われ、笑顔で「ボクは強くないよ。」と答えるハピーなのでした。

映画オリジナルキャラクター

ハピー

ハピー

ドデカツリーにすんでいるげんきなおとこのこ。
はっぱをあやつり、じゆうにそらをとぶことができるよ。
アンパンマンのようにつよくなることがハピーのゆめなんだ。

2004年公開
それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ
それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ

あらすじ

2004年7月17日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画16作目なんだ。
この映画は、夢猫の国からやってきたニャニィちゃんとメロンパンナちゃんが大活躍するお話だよ。

“ドリーム彗星”がアンパンマンワールドに近づいている夜、みんなは不思議できれいな国の夢を見ました。その夢の中でメロンパンナは星の模様のたまごを助けます。朝、メロンパンナが起きるとそのたまごがベッドの中にあってビックリ!そしてそのたまごの中からかわいい子猫が出てきました。メロンパンナはその子猫をニャニイと名づけて、お世話をすることにしたのです。
みんなが次に見た夢の中の国は、荒れて寂しくなっていました。そしてその不思議な国はニャニイを探しているのです。ジャムおじさんが調べると、ニャニイは“夢猫の国”で
100年に1度生まれる夢猫で、夢猫の国にある“ネムネムの実”を食べないと消えてしまうことがわかりました。アンパンマンたちはいそいで夢猫の国へ向かいます。
荒れ果てた夢猫の国で、“ネムネムの実”を食べると夢がかなうと勘違いしたばいきんまんがネムネムの木をめちゃめちゃにしていきます。するとムーマという大きな猫の怪物が目覚め、ムーマの光線でアンパンマンたちは猫の姿に変えられてしまいました。ニャニイを抱いて“ネムネムの実”を探すメロンパンナを、ムーマが追いかけます。
おびえるニャニイにメロンパンナは子守唄を歌ってあげました。するとニャニイはメロンパンナと過ごした楽しくて優しい時を思い出し・・・「ニャニイがママを守る!!」ニャニイは剣士に変身し、アンパンマンと共にムーマを倒します。
みんなの姿も夢猫の国もすべて元通りになりました。ニャニイは夢猫の国を守るお姫様だったのです。メロンパンナとニャニイはお別れしなくてはなりません。「ニャニイはママに会えて良かったよ!」「あたしも本当に良かった、ニャニイに会えて。」二人は涙が止まりませんでした。
「さよならニャニイ、元気でね!」アンパンマンたちは夢猫の国をとびたちました。

映画オリジナルキャラクター

ニャニィ

ニャニィ

ふしぎなゆめねこのくにからやってきたこねこ。
だいじにそだててくれたメロンパンナちゃんがだいすきで、じぶんのママだとおもっているんだ。

2003年公開
それいけ!アンパンマン ルビーの願い
それいけ!アンパンマン ルビーの願い

あらすじ

2003年7月12日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画15作目なんだ。
この映画は、オーロラ娘のルビーちゃんが、3つの願いをかなえてくれる“オーロラのしずく”という石を探すお話だよ。

オーロラの国ではオーロラ姫と5人のオーロラ娘たちが、きれいなオーロラを描いています。ある日わがままなルビーはオーロラをメチャメチャにしてしまい、オーロラの国から追い出されてしまいました。ルビーがオーロラの国に帰るには、ブラックロック島にある“オーロラのしずく”を見つけなければいけません。
オーロラ姫に赤い小鳥にされたルビーは、途中でケガをしてクリームパンダに助けられました。パン工場で人の姿に戻ったルビーは「オーロラ姫から“オーロラのしずく”を見つけてきて欲しいと頼まれた」とウソをつきます。アンパンマンたちは、一緒にブラックロック島に行ってあげることにしました。ばいきんまんたちもそれを聞いて“オーロラのしずく”をひとりじめしようと考え、アンパンマンたちを追いかけます。
途中、わがままばかり言うルビー。そんなルビーに怒るクリームパンダですが、ばいきんまんが襲ってきたときは、アンパンマンと一緒にルビーを必死で守ります。「…あたしもアンパンマンみたいに強ければ良かったのになぁ。」とルビーは言いました。アンパンマンは「みんなが応援してくれるから、ボクは強くなれるんだ。だから誰でも強くなれるんだよ。」と、答えます。
アンパンマンたちはブラックロック島で“オーロラのしずく”を見つけました。と、そこにチェンジバードロボに乗ったばいきんまんが!みんなは黒い小鳥にされ、アンパンマンの新しい顔は高い岩にひっかかってしまいました。
“オーロラのしずく”はドキンちゃんとホラーマンが2つのお願いをしてしまったので、残るはあと一つ・・・。みんなのがんばる姿を見たルビーは、“オーロラのしずく”に最後のお願いをしました。「“オーロラのしずく”よお願い、私を鳥にして!!」
鳥になったルビーは、高い岩にあるアンパンマンの顔を投げます。新しい顔になったアンパンマンは、アンパンチでチェンジバードロボをやっつけました。
みんなは元の姿に戻りました。でも“オーロラのしずく”はもうありません。みんなのために鳥になったルビーは、もう元に戻ることができないのです。その時オーロラ姫とオーロラ娘があらわれ、ルビーを元の姿に戻しました。ルビーはもう、わがままな子ではありません。
そしてルビーはオーロラの国に帰り、一生懸命きれいなオーロラを描くのでした。

映画オリジナルキャラクター

ルビー

ルビー

オーロラのくにのオーロラひめのひとり。
そらにオーロラをえがくことがしごとだよ。
ちょっぴりわがままなせいかくで、オーロラひめやなかまたちをこまらせることもあるんだ。

2002年公開
それいけ!アンパンマン ロールとローラうきぐも城のひみつ
それいけ!アンパンマン ロールとローラうきぐも城のひみつ

あらすじ

2002年7月13日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画14作目なんだ。
この映画は、汚れた空気を吸い込んできれいにするうきぐも城に住むローラ姫とロールパンナちゃんが大活躍するお話だよ。

ロールパンナは雲の中の不思議な古いお城、うきぐも城に迷い込んでしまいました。そこにはロールパンナと似ているかっこうをしたローラ姫が一人で住んでいました。空気が汚れすぎて空気をきれいにする機械が壊れてしまったので、ローラ姫がたった一人で直していたのです。ロールパンナはローラ姫の手伝いをすることにしました。
空気が汚れて雨がしばらく降っていないことに気づいたアンパンマンとジャムおじさんたちは、うきぐも城の様子を見にやってきました。事情を聞いたアンパンマンたちも、機械の修理を手伝うことにしました。

ところがそこへばいきんまんたちがスーパーモグリンで現れました。ばいきん光線を大量に浴びてしまったロールパンナは、ブラックロールパンナになってしまったのです!メロンパンナちゃんはメロンジュースをかけますが、ブラックロールパンナにはききません。元に戻すには機械を直し、きれいな水でロールパンナの汚れた心を洗い流すしかありません。急いで機械を直しますが、最後の小さな歯車がばいきん草の沼へ落ちてしまいまいました。歯車を取りに向かうアンパンマンとローラ姫。なんとか歯車を取り戻したものの、ロールパンナがばいきん草の沼へひきずりこまれてしまいました。

ローラ姫は最後の歯車をはめて、機械を動かします。汚れた空気を吸い込み、きれいな雲ができて雨が降りました。ばいきん草は消えてなくなり、きれいな湖と森と青空が戻ります。ボロボロになったロールリボンを拾ったローラ姫が「ロールパンナー!!」と叫ぶと、小さな白い雲が降りてきてロールパンナが現れました。
汚れた空気をきれいにするため、うきぐも城と旅立つローラ姫。「あたいたちはどんなに遠く離れていても友達だろ?」と、ロールパンナに別れを告げました。メロンパンナとロールパンナはローラ姫を見送ります。しかし、いつの間にかロールパンナの姿は消えていたのでした。

映画オリジナルキャラクター

ローラひめ

ローラひめ

うきぐもじょうのおひめさま。
よごれたくうきをきれいにするため、うきぐもじょうにたったひとりですんでいるんだよ。

2001年公開
それいけ!アンパンマン ゴミラの星
それいけ!アンパンマン ゴミラの星

あらすじ

2001年7月14日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画13作目なんだ。
この映画は、ゴミでいっぱいになってしまったヤーダ星を救うため、ヤーダ姫とゴミラが大活躍するお話だよ。ゴミラはゴミが大好物。ゴミを食べるととっても大きくなるんだ。

ある日空からヤーダ星のヤーダ姫が乗った宇宙船が落ちてきました。ヤーダ星は緑に溢れ、どんなゴミでも吸い込んでしまうダストホールを持った美しい星。ところが最近ダストホールの力が弱くなり、ヤーダ星はゴミだらけになってしまったのです。ヤーダ姫はアンパンマンに助けを求めてやってきたのでした。
一方その頃、ばいきんまんがヤーダ星にロケット噴射をつけて、アンパンマンワールドと激突させようとしていました。
アンパンマンワールドに近づいてくるヤーダ星。アンパンマンたちはゴミを食べるゴミラを連れて、急いでヤーダ星に向かいます。ばいきんまんの作ったスーパーダストデーモンが吐き出すゴミオキシンによって、みんなは次々と泥人形に変えられてしまいました。ゴミを食べてるゴミラだけはゴミオキシンを浴びても大丈夫。ぐんぐん大きくなったゴミラはスーパーダストデーモンと戦います。
スーパーダストデーモンをなんとか倒したアンパンマンたち。しかし、ヤーダ星の動きが止まりません。「ダストマウンテンがもっと爆発すれば、星が止まるかもしれない・・・」というヤーダ姫のつぶやきに、無限のゴミパワーを持ったゴミラが一人、飛び込んでしまいます。ダストマウンテンは大爆発し、ヤーダ星の動きは止まりました。アンパンマンはダストホールへ吸い込まれようとした小さなゴミラを助けますが、ゴミラはぴくりとも動きません。みんなは泣きながらゴミラのために「たましいの歌」を歌いました。すると、宇宙の星が集まり、ゴミラの上へ落ちてきたのです。ゴミラは目を開けました。みんなは大喜びです。
ヤーダ星に残ることを決めたゴミラ。「きっとまた会おうね!たとえ遠く離れても、いつまでも友達だよ!」アンパンマンたちが帰っていく姿を、ヤーダ姫とゴミラは笑顔で見送っていました。

映画オリジナルキャラクター

ゴミラ

ゴミラ

ゴミがだいこうぶつなかいじゅう。
ゴミをたべると、からだがおおきくなってめいわくをかけてしまうので、いつもひとりでいるんだ。
とってもさみしがりやで、やさしいんだよ。

ヤーダひめ

ヤーダひめ

みどりのうつくしいヤーダせいからやってきたおひめさまだよ。
たったひとりでヤーダせいをまもっているよ。
ヤーダせいがごみでよごれてしまったので、アンパンマンたちにたすけをもとめてやってきたんだ。

2000年公開
それいけ!アンパンマン 人魚姫のなみだ
それいけ!アンパンマン 人魚姫のなみだ

あらすじ

2000年7月29日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画12作目なんだ。
この映画は、うずまき城に住む人魚のサニー姫が、みんなと遊びたくてアンパンマンワールドにやってくるお話だよ。うずまき城は、ぐるぐる水車をぐるぐる棒で回して、いつも海をきれいにしてくれているんだ。

陸の世界に憧れているサニー姫は、ゴロンゴラの呪いがかかった紅色ヒトデの髪飾りで人間になれることを聞き、こっそり髪飾りを持ち出します。荒れた海を泳いで、なんとか陸に到着したサニー姫は髪飾りをつけ、人間になることができました。
倒れていたサニー姫はしょくぱんまんに助けられ、パン工場にやってきました。サニー姫にとって、木々の緑や洗濯物の匂い、学校の友達、そして優しいしょくぱんまん・・・陸での生活すべてが新鮮です。
しかし海魔女のおばばと海の主ヌラがやってきて、急いで海へ帰るように言われます。1日だけ待って、と頼むサニー姫。おばばたちは先に海へと帰りました。ばいきんまんはこっそり、おばばの後をつけていき、海底の亀裂を掘ってゴロンゴラの眠りを覚ましてしまいます。ゴロンゴラにおそわれたうずまき城は大変なことに!さらにばいきんまんはぐるぐる棒を逆に回して、海を汚し始めました。

アンパンマンたちは海の様子がおかしいことを聞き、すぐに向かいます。海底は荒れ果て、ぐるぐる棒は粉々に砕かれ、みんなはゴロンゴラの光線によってヒトデの姿に変えられてしまいました。ゴロンゴラを倒すためには、ゴロンゴラの口の中に紅色ヒトデの髪飾りを放り込むしかありません。サニー姫は髪飾りを外して人魚に戻り、ゴロンゴラに立ち向かいます。襲いかかるゴロンゴラから救おうとしたしょくぱんまんと共に、サニー姫はゴロンゴラに飲み込まれてしまいました。アンパンマンは二人を助けようと、アンパンチ!します。すると、ゴロンゴラは粉々に砕け、光の粒になります。光の粒はみんなの姿を元に戻し、うずまき城もぐるぐる棒もすべて元通りになりました。
夕日の中を帰るアンパンマンたち。サニー姫としょくぱんまんの歌が海に響き渡っています。二人の目には涙がキラリと光りました。

映画オリジナルキャラクター

サニーひめ

サニーひめ

うみのそこにあるうずまきじょうにすんでいるにんぎょひめ。
そのうずまきじょうのちからで、うみをきれいにまもることがサニーひめのしごと。
サニーひめは、ちょっぴり、りくのせかいにあこがれているんだよ。

1999年公開
それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき
それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき

あらすじ

1999年7月24日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画11作目なんだ。
この映画は、お姫様の仕事がイヤになって逃げ出してきてしまったキララ姫がアンパンマンワールドにやってくるお話だよ。

キラキラ星のキララ姫は朝から晩までたくさんある仕事にうんざりしていました。そんなある日、キララ姫は一度振ればまばゆい星が誕生するというスタースティックを振ってみましたが、何も起こりません。スタースティックは、それを振るにふさわしい勇気のある人を選ぶと言われています。それを聞いて怒ったキララ姫は、スタースティックを窓の外へ放り投げてしまいました。キラキラ星のみんながスタースティックを探しに行っている間に、偶然やってきたドキンちゃんと入れ替わって、キララ姫はお城を飛び出してしまいます。
パトロール中のアンパンマンと出会ったキララ姫は、優しいアンパンマンが大好きになりました。でもみんなに優しいアンパンマンをひとりじめできなくて、イライラしてしまいます。「ボクはみんな大好きだよ!」というアンパンマンの言葉にショックを受け、大事な勇気の花のジュースのビンを割ってしまいました。
その時、ばいきんまんはてつの星のみんなをだまして、最新ロボット・ジャイアントモグリンを作り、アンパンマンワールドを攻撃してきたのです。アンパンマンワールドはたちまち火の海に、そしてみんなは鉄の玉へと姿を変えられてしまいました。アンパンマンの顔を焼きましたが、勇気の花のジュースがないので『元気3倍』だけ。さらにジャイアントモグリンはジャイアントベアリングロボットに変身して大暴れ。
ばいきんまんにつかまってしまったキララ姫は、「勇気の花のジュースをダメにしたのは私なんです!こんな私を助ける必要はありません!!」と叫びました。でもアンパンマンはキララ姫を助けるために炎の中に飛び込みます。キララ姫の目の前で、崩れ落ちる建物に消えていくアンパンマン。
キララ姫が「勇気の花がひらくとき」の歌を歌うと、スタースティックが降りてきました。キララ姫がスタースティックを振ると、たちまち勇気の花が咲き、元気100倍のアンパンマンが!ロケットアンパンチでジャイアントベアリングロボを倒しました。 「私に本当の勇気を教えてくれた、この星のことは忘れません。」と、みんなに感謝するキララ姫。アンパンマンは勇気の花をプレゼントします。二人はにっこりと微笑みました。

映画オリジナルキャラクター

キララひめ

キララひめ

キラキラぼしのおひめさま。
スタースティックが、うまくつかえなくて、キラキラぼしをとびだしてきたところ、アンパンマンとであったんだよ。

こてつちゃん

こてつちゃん

こてつじいさんたちといっしょに、てつやてつせいひんをつくっている。
てつのほしのこどもで、とてもゆうきがあるよ。

1998年公開
それいけ!アンパンマン てのひらを太陽に
それいけ!アンパンマン てのひらを太陽に

あらすじ

1998年7月25日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画10作目なんだ。
この映画は、ブラック大魔王と闘っていなくなってしまったシャイン王子を、オカリナ姫のリナちゃんがくらやみ谷に探しに行くお話だよ。

アンパンマンワールドにだいこん役者一座がやってきました。お芝居の良いところでだいこん役者は大失敗!そこへリナちゃんが現れ、すてきなオカリナを吹いてみんなは大喜びです。無事にお芝居を終えることができました。だいこん役者一座は次のお芝居をする場所へ向かうため、SLマンに乗り込みます。シャイン王子を探しに、おそろしいくらやみ谷に行きたいというリナちゃんの気持ちを聞いて、だいこん役者たちは協力することにしました。

その頃ばいきんまんはブラック大魔王の封印を解くために、くらやみ谷へ向かいます。ツタにからまる剣を抜き、ブラック大魔王を呼び出しました。ばいきんまんはブラック大魔王に真っ暗闇にさせて、アンパンマンをやっつけようと考えていたのです。
くらやみ谷についたリナちゃんたちはブラック大魔王の息を吹きかけられ、大ピンチ!一座のみんなが次々と石に変えられてしまいました。SLマンは石にされてしまう直前、アンパンマンにSOSの煙を吹き出しました。それを見たアンパンマンたちは、いそいでくらやみ谷に向かいます。

ばいきんまんとブラック大魔王は大暴れして、次々とみんなを石に変えてしまいます。ブラック大魔王の吐く息はくらやみ谷だけでなく、すべてを暗闇にかえていきます。その時、リナちゃんの吹くオカリナでシャイン王子の剣が現れました。その光輝く剣に、ブラック大魔王は苦しみ始めます。アンパンマンはシャイン王子の剣と共に、空の闇を切り裂きました。そしてシャイニングアンパンチでブラック大魔王を倒し、再び封印したのです。くらやみ谷は光輝く美しい谷になり、剣にされていたシャイン王子は元に戻ることができました。谷を後にするアンパンマンたち。リナちゃんのオカリナのステキな音色が谷に響き渡るのでした。

映画オリジナルキャラクター

オカリナひめのリナちゃん

オカリナひめのリナちゃん

オカリナひめのリナちゃんは、だいこんやくしゃのいちざとたびをしながら、シャインおうじをさがしているんだよ。
とってもすてきなオカリナをふいてくれるよ。

1997年公開
それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド
それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド

あらすじ

1997年7月26日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画9作目なんだ。
この映画は、虹の国を救うためにアメちゃんが“砂漠のバラ”を探すお話だよ。アメちゃんはあめふりおにさんの孫なんだ。

今日も虹の国でレインボー王子と虹の子たちが、“虹の玉”を使ってきれいな虹を作っていました。あめふりおにさんとアメちゃんは、大事な雨を降らせるために、いつも虹の国にきれいな水をくみにきていました。
きれいなものが大キライなばいきんまんは、虹の国から“虹の玉”を盗み出してしまいます。そのせいできれいな水であふれていた虹の国は、あっという間に砂漠になってしまいました。アメちゃんたちはアンパンマンたちに知らせ、早速みんなで虹の国に向かいます。ピラミッドにされてしまったレインボー王子は、アメちゃんに「“砂漠のバラ”を探して!そうすれば虹の国は元に戻ることができるんだ。」と教えてくれました。
砂漠では砂男とばいきんまんが大暴れ。アンパンマンたちは小さなピラミッドに姿を変えられてしまいます。その頃アメちゃんはばいきんまんのモグリンに乗り込み、“砂漠のバラ”を必死に探していました。
アメちゃんが地下を掘っていくと、硬い岩にぶつかりました。小さな割れ目から水がしみ出しています。「もしかしたら、この向こうに“砂漠のバラ”が・・・?」アメちゃんは硬い岩にモグリンで体当たりしました。一方その頃、アンパンマンは砂男につかまってしまい、大ピンチに! アメちゃんが体当たりした岩は砕け、そこからたくさんの水が噴き出しました。水は虹の国の隅々まで行き渡り、ついには砂男も水に流されて消えてしまいます。ピラミッドの姿に変えられていたみんなも元に戻りましたが、アメちゃんだけが見つかりません。みんなでアメちゃんを探します。ところが見つかったのは壊れたモグリンだけ。するとその時、壊れたモグリンの下から大きなバラが咲きました。その花の中には“虹の玉”を抱えたアメちゃんが!アメちゃんが“砂漠のバラ”になり、虹の国を救ったのでした。

映画オリジナルキャラクター

アメちゃん

アメちゃん

あめをふらせてくれる、やさしいあめふりおにのまごむすめだよ。
まだまだみならいちゅうだけど、みんなのためにあめをふらせようとがんばっているんだ。

レインボーおうじ

レインボーおうじ

うつくしいにじのくにのおうじさま。
にじをつくるためにひつようなにじのたまをだいじにまもっているよ。

1996年公開
それいけ!アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴
それいけ!アンパンマン 空とぶ絵本とガラスの靴

あらすじ

1996年7月13日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第8作目なんだ。
この映画は、魔法で変身させられてしまったカボちゃんと一緒に、おとぎの国を助けるお話だよ。

メロンパンナちゃんが図書館から『シンデレラ』の絵本を借りてきたその夜、中からふくろうのホッピーが現れました。
「ガラスの靴を探して、おとぎの国を助けてほしい」というホッピーのお願いを聞いたアンパンマンたちは、おとぎの国を救うため絵本の中に入っていきました。
そこでアンパンマンたちは、カボちゃんと出会います。カボちゃんは、元々おとぎの国のお姫様・シンデレラ姫でしたが、魔法で変身させられてしまっていたのです。
そこへドキンちゃんの為にガラスの靴を探していたばいきんまんたちが現れ、カボちゃんを連れ去ってしまいました。
ばいきんまんたちはガラスの靴があるという“ガラスの谷”にやってきましたが、魔人・ガラゴンが突然襲われます。そこへアンパンマンたちもかけつけカボちゃんを助け出しましたが、ばいきんまんにガラスの靴を奪われてしまいました。
その頃、シンデレラ城を見つけたばいきんまんたちは再びガラゴンに襲われました。アンパンマンたちもガラゴンに襲われガラスにされてしまいます。
カボちゃんはみんなを救うためガラゴンにガラスの靴を投げると、ガラスの靴は粉々に砕け、ガラゴンは粉々になってしまいました。その時、カボちゃんはガラゴンの正体が、おとぎの国の王子様だったことに気がつきます。
悲しむカボちゃんの目から涙ぼごれました。その涙がガラゴンのかけらに落ちると、光を放ってガラスの靴が現れます。その靴をはいたカボちゃんはシンデレラ姫の姿に戻り、王子様も復活しておとぎの国は元の姿に戻ることが出来たのでした。

映画オリジナルキャラクター

かぼちゃん

かぼちゃん

まほうでカボチャにされてしまったしんでれらひめ。
ようせいのホッピーといっしょに、ガラスのくつをさがしているんだよ。

1995年公開
それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!
それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!

あらすじ

1995年7月29日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第7作目なんだ。
この映画は、メロンパンナが出会った不思議な白い子馬マリンのお話だよ。ばいきんまんがロールパンナちゃんをブラックロールパンナにしてしまうんだ。

学校のみんなと海へ遊びに来たアンパンマンたちは、そこで小さな白い馬・マリンと出会います。不思議なことに、メロンパンナだけが、マリンと気持ちを通わせることができ、とても仲良くなるのでした。
その頃、ばいきんまんは、ドクター・ヒヤリと共に、ロールパンナを悪のブラックロールパンナに変えてしまおうと、おそろしい研究を進めていました。それどころか、ドキンちゃんのわがままでマリンをも奪ってしまうのです!
そして、ばいきんまんは、悪のブラックロールパンナと共にばいきん幽霊船に乗って、町を襲い始めます。たくさんの幽霊たちによって、町はパニックに!!
必死に戦うアンパンマンたちでしたが、その前に立ちはだかるブラックロールパンナ!!アンパンマンにはどうしても彼女を攻撃することが出来ません…。そして、ばいきんまんの降らせた雨によって、顔が濡れてしまい大ピンチに!!
そこへ駆けつけるメロンパンナ!!メロンパンナは、大好きなロールパンナお姉ちゃんに戻ってもらうため、マリンと共に、ドクター・ヒヤリから、ロールパンナの優しい心の源である「まごころ草」を奪い返して来たのでした。
二人の気持ちはブラックロールパンナの心に届き、元の優しいお姉ちゃんに戻ることが出来たロールパンナ。そして、皆で力を合わせてばいきんまんをやっつけます。
しかし、戦いに傷ついたマリンが目を覚ましません。アンパンマンたちはマリンを海へと連れて行きます。そこでマリンは最後の力を振り絞り、海へと入ろうとしますが、力尽きて倒れてしまうのです。もう誰の声もマリンへは届きません。涙にくれる一同。
その時、海の向こうから幻想的な光と共に、たくさんの白馬たちがやってきます。すると、何と、マリンは蘇るのでした!!マリンは海の波から生まれたという伝説の「海の白馬」だったのです。メロンパンナとロールパンナはマリンとの再会を約束し、笑顔でさよならするのでした。

映画オリジナルキャラクター

マリン

マリン

なみからうまれた、うみのはくばだよ。
ふしぎなちからをもっていて、みずをあやつることができるんだ。

1994年公開
それいけ!アンパンマン リリカル☆マジカルまほうの学校
それいけ!アンパンマン リリカル☆マジカルまほうの学校

あらすじ

1994年7月16日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第6作目。
この映画は、立派な魔女になるために勉強中のおてんば魔女、リリカちゃんのお話だよ。

ある日アンパンマンは、空でホウキに乗った女の子を助けます。ちょっぴりおてんばで「だってだって」が口グセのリリカという女の子でした。まほう学校で立派な魔女になるため勉強中で、いつもいつも無茶なことばかりして先生に怒られています。
パン工場に遊びに来たリリカ。楽しく過ごして、おいしいジャムおじさんのパンを食べて大喜び。パンを学校の友達にも持って帰りたいというリリカのお願いを聞いて、アンパンマンたちはリリカをまほう学校まで送っていくことにしました。
リリカが魔法を使っているところを見て、自分たちも魔法を使いたくなったばいきんまんとドキンちゃん。まほう学校へ入り込んで、先生の道具を持ち出してしまいました。
リリカとアンパンマンたちがまほう学校へ到着すると、なんだか様子が変です。じゅうたんが生き物のように動いたり、いろいろなものが飛んでいたり・・・。しょくぱんまんはぬいぐるみにされて、ドキンちゃんが持って行ってしまいます。ジャムおじさんはおナベに、バタコさんはフライパンに変えられたりと、みんな魔法にかけられてしまいました。アンパンマンも顔がゆがんで大ピンチ!そんなときばいきんまんは大魔法を使って巨大なバイキン人形をたくさん出しました。
魔法にかけられていない魔女はリリカだけ。「お前が魔法で止めるんだ!」先生に言われたリリカは「だってだって・・・」と自信がありません。でもみんなに励まされてばいきんまんに立ち向かいます。新しい顔になったアンパンマンは、リリカの魔法と協力してばいきんまんをやっつけます。ところがみんなの姿も、めちゃめちゃになった学校も元に戻りません。巨大なバイキン人形も再び動き出しました。誰かが魔法を解かないと、元に戻らないのです。リリカは不安になりながらも元に戻る魔法の呪文をとなえ、学校もみんなも、すべて元に戻ることができました。
みんなはジャムおじさんのおいしいパンを食べて大喜び。「がんばって勉強して本当の魔女になってね!」アンパンマンの応援に、笑顔でうなずくリリカなのでした。

映画オリジナルキャラクター

リリカ

リリカ

まほうのしまのがっこうで、まじょになるためのおべんきょうをしているんだよ。
ちょっぴりおてんばだけど、やさしくてかわいいおんなのこだよ。

1993年公開
それいけ!アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険
それいけ!アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険

あらすじ

1993年7月17日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第5作目なんだ。
この映画は、おくびょうだけど、とっても優しい恐竜の子ノッシーが住む恐竜の星を救うため、『光の玉』を探すお話だよ。

ある日アンパンマンたちは不思議なブラックホールに吸い込まれてしまいます。着いた先は恐竜の国でした。そこでかわいい恐竜ノッシーと出会います。恐竜の国を守ってきた“いのちの木”が枯れかかっていることを聞いたアンパンマンたちは、“いのちの木を”よみがえらせるため『光の玉』を一緒に探すことにしました。
ノッシーが見たという空飛ぶ恐竜の谷で見つけた『光の玉』は空飛ぶ恐竜のたまごでした。次に向かった湖で見つけた『光の玉』は実は『真珠の玉』で、湖が汚れるのを守っている玉でした。探しに行く先々でばいきんまんが邪魔をしてきます。アンパンマンたちは湖で『光の玉』がゴロンゴラ高原のピラミッドの中にあると聞き、いそいでそこへ向かいました。

『光の玉』のことを聞いていたばいきんまんは、ゴロンゴラ高原のピラミッドに先回り。『光の玉』を奪おうとしました。すると『光の玉』に岩が集まり、ゴロンゴラが現れました。ばいきんまんに操られたゴロンゴラは大暴れ。ゴロンゴラの光線でみんな岩にされてしまいました。ゴロンゴラは枯れかけた“いのちの木”に近づき、ノッシーは怖がりながらも“いのちの木”を守ります。ノッシーの目から一粒の涙がこぼれて“いのちの木”の上に落ちたその時、小さなツルが伸びてきて、ゴロンゴラの中に入り込んでバラバラにしてしまいました。ノッシーは崩れるゴロンゴラに巻き込まれてしまいます。アンパンマンはアンパンチでばいきんまんをやっつけました。

ゴロンゴラが倒れたことで、みんなは元に戻りましたが、ノッシーがいません。すると、岩の隙間から一筋の光が・・・。『光の玉』を持っノッシーが飛び出してきたのです!アンパンマンと一緒に『光の玉』を“いのちの木”に投げ込むノッシー。“いのちの木”はみるみるよみがえります。アンパンマンたちは空に現れた光に導かれ、恐竜の国を後にするのでした。

映画オリジナルキャラクター

ノッシー

ノッシー

おくびょうだけど、とってもやさしくて、かわいいきょうりゅうだよ。

1992年公開
それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ
それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ

あらすじ

1992年3月14日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第4作目なんだ。
この映画は、つみき島のブロック王子とおりがみ島のオリガ姫のお話だよ。二つの島は昔から仲が悪いけれども、ブロック王子とオリガ姫は仲良くさせたいと願っているんだ。

森でピンチに陥っていたブロック王子とガランガラン大臣を救ったアンパンマンとカレーパンマン。二人をパン工場へと連れて行くと、つみき島に起きた大事件を聞くことになるのでした。
何と、つみき島は、変装してキュービクル王子と名乗ったばいきんまんによって乗っ取られてしまっていたのです。しかも、つみき島の近くにあるおりがみ島にも危険が迫っていると!ちょうど、おりがみ島には学校の子供たちが遠足で遊びに行っている所で、アンパンマンたちは急いでおりがみ島へと向かうのでした。
ブロック王子はおりがみ島のオリガ姫の事をとても心配していました。二人はお互いを想いあっているのに、悲しいことに、つみき島とおりがみ島は昔から、仲良くすることを禁じられていたのです。
おりがみ島に着いた一同でしたが、一足遅く、オリガ姫はばいきんまんによって連れ去られてしまった後でした。しかも、ばいきんまんは、全てをつみき島の人々のせいにしたので、両方の島の人々はお互いを責め合い、混乱は広がるばかり。 オリガ姫からの助けを求める手紙を受け取ったブロック王子でしたが、お互いの島の人に止められてしまいます。どうしても二つの島は仲良くなれないのでしょうか…。
そんな時、ブロック王子から、「互いの島に平和の架け橋をかける」というオリガ姫との夢を聞いた一同は心を動かされ、みんなで協力してオリガ姫を助けるべく、つみき城へと向かいます。
その頃、ばいきんまんは、つみき城に隠されているという、つみきの巨大ロボット「ウッドラー」を必死に探しているのでした。遂にウッドラーを見つけたばいきんまんはつみき城を破壊しようとロボットを操り、大暴れするのでした。
全てがばいきんまんによって仕組まれた事だったと知ったアンパンマンたち。つみき城を救おうと、みんなでばいきんまんに立ち向かいます。その姿に、仲の悪かったはずのおりがみ島の人々も力を合わせて、立ち上がってくれたのでした!!
大量のおりがみ飛行機によって、バラバラのつみきに砕かれたウッドラー。そして、そのつみきが何と、つみき島とおりがみ島を結ぶ架け橋になったのです!!
それは、まさに、つみきとおりがみで出来た平和の架け橋となりました。
そして、仲良くなった二つの島の人々は、壊されたつみき城を建て直すべく、協力し合うのでした。

映画オリジナルキャラクター

オリガひめ

オリガひめ

おりがみじまのおひめさま。
けらいのおりがみまんたちと、おりがみじまでくらしているよ。
オリガひめのおるおりがみは、いのちがあたえられてうごきだすんだよ。

ブロックおうじ

ブロックおうじ

つみきじまのおうじさま。
つみきじまとおりがみじまのけんかをやめさせようとしているよ。

1991年公開
それいけ!アンパンマン とべ!とべ!ちびごん
それいけ!アンパンマン とべ!とべ!ちびごん

あらすじ

1991年7月20日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第3作目。
この映画は、小さなドラゴンちびごんが“緑の玉”を守るお話だよ。なんとこの映画で初めてホラーマンが登場したんだ。

ドラゴンを天空へといざない、大いなる雨を降らし、大地に美しい緑を育むという伝説の「緑の玉」。それを手に入れて、世界中にバイキンの雨を降らせようとたくらむばいきんまんは、ドキンちゃんと共にドラゴンの島へと向かいます。
そこでは、ドラゴンのちびごんが、緑の玉を持って、空を飛ぶ練習をしていました。襲い掛かるばいきんまんから何とか逃げのびたちびごんは、偶然、アンパンマンに助けられるのでした。パン工場で楽しい時間を過ごし、学校のみんなとも友達になったちびごんでしたが、みんなに本当は飛べないことが言えなくて、ケンカをしてしまうのでした。そんなちびごんを優しく励まし、一緒に飛ぶ練習をしようと約束するアンパンマン。
その頃、ばいきんまんは、ドラゴンの島をメチャクチャに汚していました。それを知って、急いで島へ向かうアンパンマンたち。すると、ケンカをしていたはずの学校のみんなも、友達のちびごんを心配して、追って来てくれたのです。
感動するちびごんでしたが、ばいきんまんによって、みんなは捕まってしまうのでした。勇気が出せず、空を飛ぶことも出来ないちびごんは、泣いているだけ。そんなちびごんを励まし、勇気を持って、ばいきんまんへと向かっていくアンパンマン。その姿に、ちびごんの心にも勇気が湧いていくのです。
島は、ばいきんまんによって、火山が大爆発し、大変なことに!!
みんなを助けようを勇気を振り絞るちびごんは、遂に空を飛ぶことが出来たのです!!そして、ちびごんは、島に雨を降らし、噴火を鎮め、無事にみんなを救い出す事ができました。一人前のドラゴンになれたちびごんは、そのまま天空へと消えて行ってしまうのでした。
でも、みんなは、少しも悲しくありません。だって、いつかきっと、大人になったちびごんに再び出会えると心から信じているから・・・。

映画オリジナルキャラクター

ちびごん

ちびごん

ドラゴンじまにすむ、ちいさくてかわいい こどものドラゴン。
よわむしだったけれど、みんなにはげまされて、つよくてりっぱなドラゴンになるよ。

1990年公開
それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲
それいけ!アンパンマン ばいきんまんの逆襲

あらすじ

1990年7月14日に公開された映画だよ。アンパンマンの映画第2作目なんだ。
この映画は、ちょっぴりおてんばなヤーダ姫が“メコイスの壺”を探しにくるお話だよ。
どんぶりまんトリオが登場したのは、実はこの映画が初めてなんだよ!

いつもアンパンマンにやられてしまうばいきんまん。バイキン仙人からどんな願いも叶えてくれる“メコイスの壺”が、西の果ての砂漠にあるメコイスの塔にあることを聞きました。ばいきんまんは早速“メコイスの壺”を探しに行きます。
一方その頃、ヤーダ姫も伝説の“メコイスの壺”を探していました。メコイスの塔を見つけたヤーダ姫が“メコイスの壺”を手にしたその時、ばいきんまんがやってきて“メコイスの壺”を取られてしまします。遠い昔に滅んでしまったヤーダ国の遺跡をよみがえらせるために“メコイスの壺”が必要なヤーダ姫。アンパンマンも協力することにしました。
ばいきんまんを見つけたアンパンマンたちは壺を取ったり、取られたり。ばいきんまんはバイキン仙人にもらった「変身玉」で、バイキングモやバイキンドラゴンなどの怪物に変身して襲ってきます。アンパンマンは怪物になったばいきんまんをやっつけ、無事“メコイスの壺”を取り戻しました。ヤーダ姫とアンパンマンたちはヤーダ国の遺跡へと向かいます。
遺跡に着いたヤーダ姫が “メコイスの壺”を開けようとすると、ばいきんまんがやってきて壺を先に開けてしまいました。ばいきんまんは“メコイスの壺”の力によって、世界一強いバイキン大魔王に変身します。苦戦するアンパンマンにたくさんの仲間が助けにやってきましたが、バイキン大魔王に歯が立ちません。“メコイスの壺”の力を封じるためには・・・メコイスの逆さの言葉が呪文に!?みんなで「スイコメー!!」と叫ぶと、ばいきんまんが元に戻りました。
ヤーダ姫はヤーダ国を戻して欲しいと“メコイスの壺”にお願いします。すると遺跡は震えだし、ヤーダ国が現れました。この美しい国を守っていくと誓うヤーダ姫は、笑顔でアンパンマンたちを見送るのでした。

映画オリジナルキャラクター

ヤーダひめ

ヤーダひめ

ほろんでしまったヤーダこくのおひめさま。
メコイスのつぼのちからでヤーダこくをよみがえらせるのがゆめなんだよ。

1989年公開
それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙
それいけ!アンパンマン キラキラ星の涙

あらすじ

1989年3月11日に公開された映画だよ。一番最初のアンパンマンの映画なんだ。
この映画は、ナンダ・ナンダー姫とマルデ・ヘンダーが“キラキラの涙”という宝石を探しにキラキラ星からやってくるお話だよ。なんとこの映画で初めてどんぶりまんトリオが登場したんだ。

平和できれいなキラキラ星におそろしいドロンコ魔王があらわれて、“キラキラの涙”をうばってしまいました。“キラキラの涙”がないとキラキラ星は滅んでしまう!アンパンマンたちはナンダー姫に協力して“キラキラの涙”を探します。
氷の女王がいる氷の宮殿や、虹の谷、そして砂男がいる砂漠・・・。でもどれも“キラキラの涙”ではありませんでした。それにばいきんまんやドキンちゃんも「“キラキラの涙”を手に入れて、王様になるのだー!」と邪魔をしてきて、大変なことに!
そんなときおむすびまんが、おそれ沼におそろしい怪物が出てみんなが怖がっていると教えてくれました。ドロドロになったおそれ沼にいたのはドロンコ魔王だったのです。ドロンコ魔王の頭の上には“キラキラの涙”が!アンパンマンたちはどんなにはね飛ばされても、ナンダー姫を助けようと必死で立ち向かいます。その姿を見たナンダー姫の目からポロリと涙がこぼれました。その涙は“キラキラの涙”の上に落ち、強い光を放ちました。そしてドロンコ魔王は苦しみ、消えてしまいました。
“キラキラの涙”を取り戻したナンダー姫とマルデ・ヘンダーは、キラキラ星へと帰っていきます。アンパンマンとたくさんの仲間たちが空を見上げ、ナンダー姫たちを見送りました。

映画オリジナルキャラクター

ナンダ・ナンダーひめ

ナンダ・ナンダーひめ

キラキラぼしのおひめさま。
うばわれたひみつのたから「キラキラのなみだ」をとりかえすために、ちきゅうにやってきたんだよ。

マルデ・ヘンダー

マルデ・ヘンダー

がかのナンカ・ヘンダーのおとうと。
ナンダ・ヘンダーひめにつかえている。